製品のサポートを受ける場合には電話代が無料が普通

製品のサポートを受ける場合には電話代が無料が普通

製品のサポートを受ける場合には電話代が無料が普通
購入前や購入後に商品の問い合わせやサポートを受けたり、故障時、廃棄時に相談を持ちかけたりする場合には0120から始まるフリーダイヤルの電話番号に問い合わせて用事を足すことが多いものです。しかし電話で応対している相手方がその企業の社員とは限らず、多くの場合は企業外にコールセンターを設けて、専門の訓練を受けた担当員が問い合わせなどに応じている場合も増えて来ています。企業の人員で対応するには無理があるのが原因のようです。現在ではコールセンターの役割は製品のサポートに限らず、商品の売り込みや勧誘まで発展して来ている模様です。

商品購入後に技術サポートを受ける場合も多く、機器に不慣れの場合は手取り足取り教えて頂けるので助かります。特にパソコンの場合には、いつトラブルに見舞われるかわからないので、24時間体制をとっているところは重宝します。これも相手が企業の人と思っていたら実は中国の大都市でサポートを行っていたりして、場所を聞かなければコールセンターと気づかない場合も多いものです。日本語もアナウンサー並みに間違えず流暢に話すので、外国であることがわかった時には戸惑うこともあります。例えば遠隔操作で遠方からマウスを操作して問題を解決してもらうような場合には、政治的な問題も起こればこのまま信じていいものか迷うこともあります。

長らく製品を使っていて状況が変わったり、サポート期間が終了したりするとそれに伴い製品サポートが受けられなくなり、突然に崖っぷちに立たされる場合もあるものです。製品には耐用年数があるということも忘れがちです。だからといってそこまで面倒を見てもらうには無理もあるようです。電話で問い合わせできないとなると、後は頼りになるのはサイト検索になって来ます。検索機能があれば無料でどんな問題も片付くという人もありますが、なかなかそうは行かないものです。外国のポータルサイトなどメールで問い合わせるのはもっと望み薄です。電話のほうが手っ取り早いのは目に見えています。

Copyright (C)2014製品のサポートを受ける場合には電話代が無料が普通.All rights reserved.